■ギャンです

ギャン04

手首のフチ薄化のため市販パーツを使用したぐらいで、特に改修はしていません。

頭部は市販パーツを組み合わせて、モノアイを可動化。

ギャン05

次、表面処理です。

■表面処理へ

サフを吹いて表面処理へ

ゲルググ16

キズだらけなので、しっかりと埋めていきます。
ここがおそらく一番の重要ポイントです。

■全体工作終了

ゲルググ11

全身の加工は終わりました。

頭部
ゲルググ12
キットのモノアイ部を削り取り、市販パーツで回転軸を作ってます。
モノアイはクリアパーツを使用します。


腕部
ゲルググ14
肩内部のモールドは、スソやスカートに揃えてます。

ゲルググ15
接続軸は、腕が胴体に近づくように短くしてます。

下腕
ゲルググ13
肘関節はキットは下腕が挟み込み仕様で、合わせ目はモールドとして処理されてますが、消したいので接着してます。
当然、後ハメ処理が必要なのですが、ここはマスキングのほうが楽だと判断。そのままです。
内側の丸モールドは市販パーツでシャープ化してます。

拳はいつものようにキットをベースにパテで作成してます。

■腰部

製作は少しづつ進んでます。
ゲルググ09
スカート裏ですが、ゲルググはかなり見えるので作りました。
エバーグリーンプラ板、パテでそれっぽく。

腰の可動部
ゲルググ10
回転軸はボールジョイントに変更しました。

フトモモ
ゲルググ08
フトモモ上部はプラ板でラインを変更。
太く見えるようにしてます。

■ギャン

リバイブ版ギャンです。

ギャン01

パッと見、特に改修箇所はないと思う良いキットだと思います。


いつものように脚部から制作します。

フトモモ部

ギャン02

前後の挟み込みになってます。
段落ちモールドになっていて、そのままでも問題はないのですが、好みで合せ目を消します。
なので、後ハメ処理をします。

ギャン03

といっても、下部を開放しただけです。
下からスライドしてはめ込みます。
上部は少し削って広げてます。

で接着してます。

■脚部

いつものように、下から作っていきます。
ゲルググの脚部です。

足首

ゲルググ03

キットの内部をごっそり削って、関節を作りました。

ゲルググ04

カカトを引き出せます。
このへんは最近のキットでは標準仕様になってますね。
ちなみに使用しているのは、前回使用したHGUCガルマザクの足首関節です。

スソのフレアはプラ板でラインを変更。

ゲルググ07

ゲルググ05

内部も少しディテールアップしました。

フトモモは1ミリ延長、左右にも1ミリボリュームアップ。

ゲルググ06

関節は後ハメ化してます。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索