塗装苦戦中

2011/06/09 00:42
金色の表現には、いろいろあります。
ゴールドの塗料もかなりありますし、シルバー下地にクリアーカラーを使用したり、パール系やマジョーラ系とか、他にもあるでしょう。

どの方法も非常に手間がかかります。

百式34
クリアーカラーは非常に工程が多くて失敗のリカバリーも難しいので、とりあえずやってみたのは、
下地に「ブラック」→フィニシャーズの「ナイトゴールド+ブラック」→「ナイトゴールド」
とMAX塗りの要領でグラデーションしてみました。

この上からパールを吹いてみようかと思ってますが、どうなるか…
とりあえず、テストパーツに吹いてみて、試してみたいと思います。

4 Comments

tee-i  

ご無沙汰です。金属色をグラデーション!という発想が素晴らしいです。
パールでオーバーコートという試みも斬新です。

凄くこだわりがあって一貫している。脱帽です。

2011/06/11 (Sat) 01:44 | REPLY |   

エス・ケー  

どうもです。^^

金色どうなるか…
手間のわりに、効果は期待できそうにないかもです。

こだわりはtee-iさんには負けます。^^

2011/06/12 (Sun) 00:28 | REPLY |   

RaiM  

いよいよ金色着色に入りましたね。
どういった百式になるか。。。
意外と塗装って影響ありますよね。塗装したら「自分の作ってるイメージとガラリと変わった~!?」なんてこともよくある僕です。

2011/06/16 (Thu) 09:32 | REPLY |   

エス・ケー  

僕もイメージ通りにいかないことばっかりです。
やり直すにしても、しんどいし…

模型にとっていちばん難しくて、楽しくて、面倒なところですね。

2011/06/17 (Fri) 00:26 | REPLY |   

Post a comment

What's New