■2015年09月

■ツインアイの切り出し

さて、僕がいつもガンダムタイプで使用している、テープを使ったツインアイ。
簡単に紹介していきます。

まず適当なプラ板(切りやすい0.3ミリが良いです)に、キットや付属のシールを参考にツインアイを書きます。

ツインアイ01

デザインナイフで上から押すように切っていきます。

ツインアイ02 ツインアイ03

切り出せたら、実際にキットに合わせてみて大きさ、形状を確認します。

ツインアイ04

鉛筆のラインは軽くペーパーをあてて消します。
画像では、瞬着で仮止めしてますが、上から置くだけでいいです。


形状が納得できたら、テープの切り出しです。

gundam-nt-132

シールの台紙の上に、メタルテープを貼りその上に、蛍光テープを貼ります。

ツインアイ05

先ほどのプラ板を参考に(上から重ねてみたりしてます)、ここでもデザインナイフで上から押すように切っていきます。

ツインアイ06 ツインアイ07

何枚か切り出して納得のいったものを使用します。

ツインアイ08

この画像のものはあまり気に入ってません。
反対側はプラ板を裏返して、同様の作業をします。

こちらは先日のV2

V2ガンダム48


なかなか左右の眼が揃わないので、何枚か切りだして左右揃ったものを使います。

シンメトリーの方法はいろいろ試しました。

シールの台紙をはさんで、両面にテープを貼って一度に切り出してみましたが、厚みがでるのと小さいので、すぐずれます。
他にもPCのデザインソフトを使って実寸でプリントアウトしてみましたが、実際にパーツに合わせて様子見できないので、納得の形状になかなかなりません。

結局この方法です。

■ギャラリー公開

V2ガンダム / V2アサルトバスターガンダム
ギャラリーページができました。

V2ガンダム

こうなると、同スケールで「V1」や「セカンドV」も作りたくなりますね。

■完成!

スミイレ、トップコートも終了。
最終段階です。

メインカメラとツインアイに、テープを貼っていきます。

V2ガンダム47

いつも、このメタルテープと蛍光テープを使用してます。

gundam-nt-132

貼った状態です。

V2ガンダム48

光を当てるとキラリと光るので、お気に入りです。

アサルト追加パーツは、Gセルフでも使った、「ミラーフィニッシュ」と「クリアーブルーフィニッシュ」を使用。Gセルフ32

ただコチラは、撮影時にうまく光が当たらないと暗く見えてしまうのが欠点。
肉眼だと平気なんですけどね。

V2ガンダム49


各丸モールドに、メタルパーツを接着。

V2ガンダム50

上からスモークを吹いてキラキラ感を抑えてます。


V2ガンダム51

キャノンのセンサーにクリアーパーツを接着。
そして、すべての工程が終了。
各部を組立てていきます。この瞬間がたまりません、ワクワクします。

V2ガンダム52

ようやく完成しました。

■いよいよ終盤

細部の塗装・スミイレもほぼ終わり、いよいよ塗装も終盤。

V2ガンダム46

早く組立てたいですが、トップコートをしてからです。
肩のゴールドパーツはツヤ有りなので、まだ組立てできません。

まだまだ焦らずじっくりといきます。

■基本塗装終了

なんだかわかりづらいですが、マスキング中です。

V2ガンダム44

緑に見えるのは、マスキングゾルです。
マスキングを貼るのはあまり好きではないですが、はがすのは好きです。
綺麗に塗り分けられていると、楽しくなります。


で、ようやくエアブラシによる基本塗装が終了。

V2ガンダム45

次、細部の塗装・スミイレ作業です。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】