■2012年10月

■ステイメン改修まとめ、その2

上半身です。

胴体
ガンダムGP03S 34 ガンダムGP03S 35
肩関節は、ボールジョイントに変更して引出し式にしています。
胸部は、3ブロックに分割して、左右にそれぞれ0.5ミリプラ板をはさんで計1ミリ大型化。
ダクトは、フチ薄化して大型化。後ハメ化してます。

この胸部ダクト部分は、HGUC「ガンダムGP03S」の一番の欠点だと思います。
ここが小さく、フチが厚く見えるせいで、スケール感に乏しく、おもちゃっぽく見えてしまってます。
組立説明書の完成写真を見た時に、一番に気になったポイントです。

首は丸モールドへ変更。若干延長してます。


頭部
ガンダムGP03S 37
フェイスとメットの接続部にプラ板でスペーサーをかまして、前方へオフセット。ツインアイが隠れすぎないようにしています。
ホホのスジボリラインをアゴへつながるように、彫りなおしてます。
あとは定番のアンテナのシャープ化。



ガンダムGP03S 36
肩は分割方法を変更して後ハメ化。カバーパーツも自作してます。
ヒジ関節のマイナスモールドは、市販パーツとプラ板でシャープ化。
手首カバーも、市販の角パーツでシャープ化。
コブシは、バンダイのビルダーパーツ。大きいので甲のパーツを、プラの肉厚分削って小型化してます。


バックパック
ガンダムGP03S 38
バーニアはメタルパーツに変更。
周辺はモールド入りプラ板でディテールアップ。

テールバインダー
ガンダムGP03S 39
ここもバーニアはメタルパーツに変更。
裏側はスジボリを追加。


全身像
ガンダムGP03S 33
こんな感じになってます。

■ステイメン改修まとめ、その1

前回からの変更箇所も含めて、ステイメンの改修箇所を、まとめてみました。
今回は下半身です。

足首
ガンダムGP03S 27 ガンダムGP03S 28
足裏のバーニアは、メタルパーツに変更。
足首のシリンダーも金属製に変えてディテールアップします。

スネ
ガンダムGP03S 29
ヒザの丸モールドは、市販パーツで一回り大きく変更。
スネの合わせ目の消しにくい、くぼんだ部分は切り取ってプラ板で整形。

ヒザ関節
ガンダムGP03S 30
ヒザ関節のマイナスモールドは、いったん削り取り、プラ板でフチ薄化。
フクラハギへは接続ピンを切って、後ハメ化して接続します。
ヒザ関節カバーパーツ上面にプラ板を貼り1ミリ延長。


ガンダムGP03S 31
フロントアーマーは1ミリ延長。
サイドアーマーは裏が見えそうなので、パテで埋めてます。そのサイドアーマーの接続されるポリパーツもチラっと見えるので、マイナスモールドを掘り込んでます。ポリパーツへ直接掘り込んでます。

上半身への接続はボールジョイントに変更。
股間部中央上部(完成後に赤く塗装される部分)は、マスキングが大変そうなので、プラ板で別パーツ化してます。


下半身
ガンダムGP03S 32
ヒザ関節の延長によって、全体に1ミリ延長されてます。


ひとまずここまで、次回は上半身のまとめです。

■でかい

ようやく形になってきました。
ガンダムGP03 26
ひたすらペーパーがけです。

やはり、どのパーツにもヒケがあるので、ヒケがなくなるまでペーパーがけ。
ひとつひとつのパーツがでかいので、とても時間がかかります。
しかも重いので、ひとつのパーツを処理するだけで、手が疲れます。



がんばろう。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】