■2010年09月

■一次サフ

一次サフを吹きました。
ドム09
すてサフですね。

ここでの目的は、
・色を均一にして、全体の形状を把握しやすくする、プロポーションチェック。
・可動箇所が干渉しないか、塗膜はがれのチェック。
・キズチェック。


それぞれを、表面処理しながら調整していきます。

■百式を組んでみる

ドムの洗浄→乾燥の合間に、積んである百式をサクっと仮組み。
百式01
メッキをはがすのが手間なので、メガバズーカランチャー付きのメッキなしのほうです。

プロポーションは結構いい感じ?
HGUC初期のキットなんで、現在のラインナップと比べると、さすがに可動範囲は劣りますが。



ユニコーン系が非常に作りたくなってきてますが、ここは積みプラを消費しましょう。

■サフ前

モノアイは市販パーツに変更
ドム05
定番のHアイズを使用します。

ドムの見せ場でもあるバーニア部
ドム06
切り取ってメタルパーツに換装します。

拳パーツ
ドム07
左握り拳は、キットパーツをベースにパテで作成。
オルテガハンマーは、トリプルドムから。

ひとまず、サフ手前まで完成。
ドム08
次、パーツ洗浄です。

■アーマー裏

ドムの腰アーマー裏。
ドム04
重MSなので、ここが薄っぺらいと迫力不足なんで、装甲の厚みの統一も兼ねてパテで塞ぎました。
とくに、アーマーの前後で厚みが不均一で、けっこう気になります。

あまり見えないところなら、そのままなんですが、スカート付き系MSの腰アーマー裏は、かなり見えてしまいます。
ディテールは、センスないんでキットを参考にあっさりと。

■V&Vダッシュ

Vダッシュ01
V1が作りたくなったので、Vダッシュを購入。

基本工作はセカンドVと同じになると思うので、仮組みもせずいきなり作っていきます。
ということで、製作記事も同じなので、製作日記としてUPすることはないんですが。

買ったはいいけど、やはりMGなのでパーツ数にテンションダウンですが、合間、合間に作っていきます。

■ペーパー掛け

本体パーツのペーパー掛けが終了しました。
ドム03
モールドの彫り直しや、エッジ立て、基本工作です。
やはりすべての基本は、ペーパー掛けですね。


暗闇で、狂四朗がひたすらヤスリを掛けさせられたのも、今ならわかります。



少し、腰アーマー裏が気になるのでパテで埋めようかな。
見えにくいところですが、けっこうドムは、そこに目がいきますね。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】