■2010年01月

■図面?

セカンドVの武装である「メガビーム・キャノン」&「ミノフスキー・シールド」。
当然、流用できるキットはなく、スクラッチになります。

僕は、まず図面を書きます。
図面
これはメガビーム・キャノン。
形状の把握や使用素材、ギミック等考えながら書いていきます。
もちろん、実際は加工中に修正したりするんで、この通りにはいきませんし、技術もないです。
仮組みと同じ感じでしょうか。

このメガビーム・キャノンは直線的なのでプラ板メインでいいでしょう。

問題は、ミノフスキー・シールド。
複雑な形状、シールド・ビットの射出、さらに折りたたみギミック…どうしよう。

■ウェポンプラットホーム

両肩の上に装備される、ウェポンプラットホーム。
Vガンダム20
ここは、どういう構造になっているか悩みました。
どこに接続されているか、肩?ミノフスキードライブ?背中?

コアファイター時に装備されているので、たぶん肩はないだろう、ということでミノフスキードライブか、背中だと思います。


で、ミノフスキードライブに付けた場合を考えてみる。

ここは、コアファイター時には閉じます。
さらにMS形態時には、V字になっていたほがカッコイイし、コアファイター形態時には平行です。
かなりの可動方向を必要とするので、そのつどへんな向きを向いてしまいます。

はい、背中の接続に決定。
ですが、ここでもいろいろ問題が…

まず、肩の可動と干渉すること。
コアファイター形態時には、機体のほぼ真横に移動すること。


で…考えた結果こんな感じに。
Vガンダム21 Vガンダム22
ABSランナータグと、精密ネジでの接続可動です。
保持力や強度、塗装後の状態等、全然わかりません。割れるかなあ。

ミノフスキードライブ接続軸はコトブキヤ製のABSパーツです。
ここは問題なさそう。


コアファイター形態はこんな感じで、機体の横に移動します。
Vガンダム23
頭部の収納してませんが。

ウェポンプラットホーム自体はプラ板でスクラッチです。

■光の翼

続いて頭部です。
Vガンダム18
なんか毎回ガンダムタイプを組んでて思うんですが、ツインアイが隠れすぎて目つきが悪く見えます。
アオリで見ると優しげに、フカンで見ると精悍に、ってのが理想です。

ということで、フェイス上部にプラ板を貼って、フェイスを下に移動。ホホあても下に延長。
馬面に見えるので、下部を削ってバランスをとってます。
赤いクマドリ部は、若干形状変更。
顎は大型化してます。
その他、削ったりして、微調整してます。

ツインアイは、イメージをつかむためにプラ板で仮に作って貼ってます。
ここは、蛍光テープを使う予定です。


1/100HGキット「V2」のミノフスキードライブを付けてみた。
Vガンダム19
イメージがらりと変わりますね。

■腕

腕部です。
ガンダム17
下腕は、キットパーツを彫り込んだり、プラ板加工したり、でセカンドVっぽくしてます。
フレームパーツはイジってないので、変形もそのまま可能。

セカンドVがV1と同じ変形かどうかは、わかりませんが…

■プロポーション決定?

なかなか時間が取れず、進めませんがとりあえずヴィクトリーとしてのカタチが見えてきました。
ガンダム16
前回との変更点は、
アゴの形状変更、首の延長、肩の大型化、腰フロントアーマー接続軸を短くして胴体側に密着。

肩は上下と内側に0.5ミリプラ板を貼り付け大型化してます。
内側に延長したことで、より胴体に近づいて見えて、一体感が出ると思います。
少し大きく感じた胸部も、気持ち小さく見えるかな。

とりあえずプロポーションはこんな感じになりました。(製作していくうちに、変更するかもしれませんが)


さてさて、ヴィクトリーとセカンドVは下腕の形状が違います。
ギミック満載の下腕、どうしよう。

■腰部

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、セカンドVの腰部分の製作です。
Vガンダム12
股関節は、軸をいったん切り取って少し上に接着。
負荷のかかる部分なので、真鍮線で補強して、瞬間接着パテSSP-HGでしっかり固定します。

中央の股間ブロックは、スジボリをU字から直線へ変更。
ダクトにもプラ板でフィンを作成。

サイドアーマーは、Vとは違い六角形のV2タイプ。
Vガンダム13
ここは、クロスボーンガンダムのパーツを使用。

フロントアーマー
Vガンダム14
上部がナナメになっているのが、どうにも気になったので、水平になるように形状変更。
アーマー内側を90度になるように削り、外側をプラ板で形状補整。


Vガンダム15
フトモモ上部がデザイン上すぼまっているため、腰アーマーからそれが覗いてしまい、素組みでは腰に脚が「乗っている」イメージでした。
腰部とフトモモの改修で、少し隠すことができたので、脚が「生えている」イメージになったと思います。
僕の中では…^^

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】