■2009年10月

■メモリアルアクション?

手ばっかりで、ペースが落ちてきたので、オプションパーツとして、半壊シールドをつくります。
ガンダム20 ガンダム21
適当に真ん中でぶった切ってます。

切り口なんですが、ドムのヒートサーベルで切られてるので、直線的なラインで切ってます。
もちろん、三連星の技量によることも考えられます。

で、「ヒート」=「熱」なので断面は少し溶けた感じにしてます。
もう少し、ダメージ入れます。

でも、断面ってどうなんでしょう?
大気圏突入の際には、前面で防御壁の役割をはたすので、断熱材とか入ってたりとか、いろいろ考えてしまいます。
そこまでする技量が追い付きませんけど…^^

裏面はHGUCからグリップを移植。
手で持ちます。
ガンダム22

■まだまだ手

再び手です。
ガンダム18
サーベル用の握り手と、シールド保持用の握り手。
ひたすら、パテを削り込みます。
まだ汚いですが…^^

で…
ザクの口はじめました。
ガンダム19
旧ザクがあまってるので、パイプ受け部をプラ棒で作りザクⅡの口にします。
こっから離型処理をして、パテ盛りして、またまた削り出しです。

■手手手…

さて、マニピュレーターです。

といっても、いつものようにキットを芯にした、パテからの削り出しです。
ガンダム14
左平手はジムからです。
ライフル用は、ここからキットのものを丸指に変更します。
まだこれだけ。

ガンダムはいろんなシーンがあり、どれも印象的です。
再現するにはそれぞれ表情のついた手が必要です。

必要なのは…
左右握り拳、左右平手、左右サーベル用握り拳、左右バズーカ用、左シールド保持用握り拳、右ライフル用
ぐらいかな?
HJの作例のように、ザクのパイプを引きちぎったものもほしいですね。
えーと、11個!


ガンダム15
とりあえず、標準装備はカタチになりました。

■ちょっと進んだかな

さて、なにかと忙しくなかなか作業が進みませんが、模型再開です。


ということで、少し気になっていたヒザの形状を変更。
ガンダム11
少しボリュームがありすぎのような気がするので、裏打ちして削り込み薄くしました。


頭部
ここは、今まで出てきたガンダムの中でもかなり好きな形状です。
ガンダム12
フェイス部を0.5ミリ前方へ移動。
合わせて、ホホあて上部のくぼんだ位置も0.5ミリプラ板を貼り込み、奥行き感をなくします。
アゴは、プラ板を貼って削り込み形状変更。

あとは、各部モールドを彫り込みシャープに。
ツインアイは蛍光テープで再現予定なので、削り落としてます。


現状。
ガンダム13

■股間部

股間ブロックを変更しました。
ガンダム09
ヘリウムコントロールコアの前面に、0.5ミリプラ板を貼り若干大型化。

耐熱フィールド発生装置のある中央の股間パーツは、フチ薄化したいので、キットのモノを使用するより、プラ板の箱組みのほうが楽なので、スクラッチ。

で、その耐熱フィールド発生装置も形状変更。ゆるいRをつけます。
キットのVマークは、シャープで良いデキなんですが、削りとって別パーツ化します。


ガンダム10
ちょっと変わっただけです。

■こんな感じです

さて、なかなか作業が出来ないんですが、ガンダムの製作です。

現在はこんな感じ。
ガンダム08
とりあえず、組んでみて全身のプロポーションを見てみます。

うーん、各パーツがうまく噛み合ってないような気が…
製面しながら、微調整していきます。

■Vガン

ホビーショーにて、MG Vガンダムが発表されてるようですね。
ついにきましたか!

以前フルスクラッチで、セカンドVを作ってますが、かなり好きなんですVガンダム。
MGクロスボーンガンダムをベースにスクラッチしようかとも考えてましたが、してたらこの発表は、かなりのテンションダウンになるところでした。

とりあえず、セカンドVの記事で言ってますが、リベンジですね。
パラレル的な存在のHi-νもキット化されてるので、ひょっとしてセカンドVもバリエーション機として出るかな?

V2も期待大?

■ギャラリーアップ

HGUCジム

ジムのギャラリーページが出来ました。
あまり期待しないでどうぞ。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】