■2009年04月

■旧ザク

さて、Mk-Ⅱはようやくパーツ洗浄にいけそうです。

次もZ系を作りたいところなんですが、積みプラを消費しましょう。

旧ザクです。
旧ザク01
いつも改造のベースになってるので、しっかりと作ってあげましょう。^^

もっとデキがいいと思ってたんですが、意外と接地性が悪く、足もハの字に開きにくく、ズッシリとした立ちポーズが決まらないですね。
劇場版に出てこないので(一瞬出ますね)自分の中のイメージがイマイチはっきりしていないので、どんな感じでいくか。

うーん
シャアザクのような改修になると思います。

■合わせ目処理

Gディフェンサーのパーツ
ガンダムMk-Ⅱ38
合わせ目の処理が、非常にしづらいです。

考えた挙句、
ガンダムMk-Ⅱ39
モールド入りプラ板等を各サイズ切り出して、

合わせ目の上に貼っていきます。
ガンダムMk-Ⅱ40
見えてしまっているところは、スジ彫りモールドとしてしまいましょう。

■ちょいディティールアップ

ヒザと足首フレームのパイプはメッシュチューブを使います。
ガンダムMk-37
中にはアルミ線を通す予定。

腰部フロントアーマー
ガンダムMk-Ⅱ36
ダクト内は、モールド入りプラ板で。

2機+オプション2機、同じようにバランスとるのが難しい。

■Z熱が

Mk-Ⅱを作っていると、Z系のMSが作りたくなってきます。

これはかなり前に製作した、HGUCリックディアス。
リックディアス01
まったくのストレート組み。
クワトロ機が出る前の黒い一般機を、基本作業のみで赤く塗装しただけのものです。

バズーカが干渉して、うまく構えさせることが出来ないですね。
ちょっと、ディティールアップして改修してみようかなあ。


どうしよう。

■エッジ立て

フライングアーマーの機首です。
ガンダムMk-Ⅱ34a
エッジがダルいので、シャープ化したいところです。


ということで、
ガンダムMk-Ⅱ34b
まずC面を作る感じで、エッジを荒めのヤスリで面取りして、しっかり平面を出します。

次に、プラ材を貼ります。
ガンダムMk-Ⅱ34c
こちらも、荒めのヤスリで表面を荒らして平面を出しておきます。
で、瞬間接着剤を多めに塗り、接着。
僕は硬化促進剤をめん棒にしみこませて塗りこみ、瞬間硬化させてます。

ナイフやヤスリで整形して、完成。
ガンダムMk-Ⅱ34d
これを各面に施してます。


こんな感じ。
ガンダムMk-Ⅱ35
パテ類だと、欠けます。

■シールドランチャー

劇場版「恋人たち」で登場した、シールドランチャー
ガンダムMk-Ⅱ32
プラ棒、プラ板、市販パーツでサクっと作成。

ガンダムMk-Ⅱ33
磁石による接続です。

もう少しディティール入れます。

■ようやくここまで

手首の角度をさらに変更。
ロングライフルをしっかり脇に抱えるようになりました。
ガンダムMk-Ⅱ31
良しとします
これでようやくバランス調整が終了しました。

製面で消えてしまったパーツのディテールアップに入ります。
こっからは、パーツ単位で整えていきます。
全身像とは、しばらくお別れ。

■マニピュレータ

HDMに無い握り拳は、自作します。

OPで印象的な左手のビームサーベル握り手。
ガンダムMk-Ⅱ27

これは、ロングライフル用の握り手。
ガンダムMk-Ⅱ28
白いのはプラ板、薄緑がポリパテ、グレーはキャスト棒。
ディティールはまだ途中なので、あまいです。
ロングライフル用は、脇に構えさせるために、斜めに持たせるようにしてます。


で、そのロングライフル。
ガンダムMk-Ⅱ29
とりあえず、後ハメ化。
ピンを切っただけです。簡単^^

後は、取り回ししやすいように、後部を5ミリほど短くしてます。

うーん
ガンダムMk-Ⅱ30
Gディフェンサーに干渉しそうだ。

■ガンダムMk-Ⅱ×2

Gディフェンサーです。
ガンダムMk-Ⅱ25
ストレート組みです。
ただ、挟み込みのパーツが多く後ハメも難しいので、一部塗装してマスキングしての整形になります。
翼のシャープ化と、スジボリの彫り直しは必須でしょうか。


えー、前回はフライングアーマーで、今回はGディフェンサーということは…

そうです。
ガンダムMk-Ⅱ26
Mk-Ⅱは2体あります。
2機ともに、ほぼ同じ改修をしています。

ということで、1機はティターンズカラーでいきます。

更新が遅れ気味なのは、2体製作していたからなのです。
いやー、前回のファンネルといい、同じものは精神的にキツイものがあります。

まだまだ、整形中です。

■旧キット

なにやら旧キットがアツイ?
旧キット
ウチにもMSVを筆頭に、結構眠ってます。
時々、ザクとか無性に作りたくなります。
キットは当時のモノもありますが、ほとんどが再販時のものです。
見てるとそのときの思い出が蘇ってきます。

ガンプラブーム直撃世代なので、狂四郎のように学校終わりに、おこずかい握り締めて近所のおもちゃ屋をハシゴしてたりとか、
接着剤じゅうたんの上にこぼして、怒られたりとか、
友達のプラモいじって壊したりとか、
…年取ったな。


コイツのせい?
モデルグラフィックス5月号
いやー、ボンボン世代にはたまらないです。
これ見たらさらに作りたくなります。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索