■2009年01月

■仮サフ

一次サフを吹きました。
νガンダム28
キズ埋めのためではなく、プロポーションチェックのため。

もちろん、改修箇所を中心にキズは多数あります。
これから表面処理に入ります。
HGUCとはいえ、パーツ数は結構多いので、時間かかりそう。


HWS装備型ってホント?

ブログランキング

■ガンダムMk-Ⅱ仮組み

νガンダムは、サフ待ちの状態。
ゴッグは洗浄中。

サフを吹くには時間がないので、積んであるキットからMk-Ⅱを仮組み。
ガンダムMk-Ⅱ01
キットは良いデキだと思います。
ただ、気になる所が少々あるので、その辺をイジるつもりです。

もちろん、劇場版「星を継ぐ者」で見せた、ガルバルへの蹴りはカッコよくさせたいので、脚部の可動範囲の調整は自分なりに必須です。


まぁ、νガンダムかゴッグかどちらか完成するまで、Mk-Ⅱは待機ですが。

ブログランキング

■ゴッグをいじる

νガンダムは、ようやくファンネルの処理が終了。
パーツ洗浄して乾燥中なので、ゴッグをいじります。


頭部はどうしようか迷いましたが、横を向いているのもイメージにあわないので、思い切って固定しました。
ゴッグ12
ということで、モノアイギミックを胴体側に作成。
ゴッグ10
この後、モノアイカバーを透明プラ板のヒートプレスで作ります。

で…
ツメ研ぎをしていきます。
ゴッグ11
再び同パーツ地獄。
内側はヤスリにくく、かなりやりにくい。
ABS製でツメ先が欠けにくいのはいいですけどね。

ブログランキング

■ディティールアップ2

ディティールアップの続きです。

肩のノズル
νガンダム21
小さいパーツなので、ランナーに付いたまま処理します。
ツブシ玉を入れる穴を開口して側面のフチ薄処理後、切り取ってゲート部側のフチ薄処理をします。


下腕
νガンダム22
ここにも、ツブシ玉を使用します。


バックパック
νガンダム23
バーニアは、Gテンプル「T8バーニア」を使用。


バズーカ
νガンダム24
弾頭は肉抜き穴を埋め、後部を切り取って市販パーツを使って後ハメ化。

νガンダム25
νガンダム26
センサー部も市販パーツに置き換え精度UP。

νガンダム27
後部の排気口は、いったん切り離して成型後再接着。
内部も市販パーツでディティールアップ。


まだまだ、ファンネル処理中…


ブログランキング

■ディティールアップ1

各部にディティールを追加していきます。


足裏
νガンダム15
バーニアは、AKOホビー「フラットスラスター」。
ツメ部フックの穴には、細切りプラ板を貼り付けてます。


下脚部
νガンダム16
ヒザのダクト部には、コトブキヤのMSG「ダクトノズル」を使用。
ふくらはぎのダクトは、良いサイズが無かったので、プラ板で作製。
別パーツ化して、マスキングを回避します。

νガンダム17
後部のバーニアは、AKOホビー「スモールスラスターⅡ」を使用。
もちろん現在は仮止め。


腰部各アーマー。
νガンダム18
前部アーマーのダクト部は、エバーグリーンのモールド入りプラ板でモールド。

νガンダム19
後部アーマーは、キットを参考にトラス状のモールドを入れたプラ板で塞ぎます。

このアーマー裏のディティールは、以前は作ってたんですが、最近は作りません。
完成後には、覗き込まないとまず見えないからです。
ところが、このνガンダムはチラリと見えてしまいます。
ということで、見えてしまう後部のみ作りました。

νガンダム20
サイドアーマーもダクトを別パーツ化して、マスキングを回避。
こちらは、WAVE製「Uバーニアフラット」
ここは変更するかも。


ファンネルはまだ製面中…

ブログランキング

■フィンファンネル

なかなか製作ペースが上がりません。
同じようなパーツの整形は、単調になりがちで僕は一気に出来ません。
νガンダム13
基本作業の繰り返しなのですが、まだ全パーツの処理は終わらず。

一番奥に写っているグレーのジョイントパーツ。
νガンダム14
これ、パーティングラインが固定用フックにまたがって走ってます。
さらにゲートもフックとの間にあり、パーツの小ささもあってか、非常にヤスリがかけ辛い。
可動のため、どうしてもこすれるので無塗装でいこうかと思ってるんですが、きびしーかな。
ゲート跡消えないし…

と、いうことでまだまだファンネルと格闘中です。


気分転換にとゴッグもいじってたんですが、これまたツメが…10本…多い。

ブログランキング

■やっぱり

折れた。
ゴッグ07
ゴッグの股関節です。
いや、細いから折れそうだなと思ってたんですが、やっぱり折れた。

という事で、股関節を新造することに…
ゴッグ08
ボールジョイント式からロール式に変更しました。
ゴッグ09
モモ側もくりぬいて、ジャンクパーツからそれらしいパーツを組み込んでます。

ここは改修しようか迷ってたんですが、結果することになってしまいました。
まあ、完成後に折れたらダメージもデカいし、可動範囲も広がったし、良しとしよう。

ブログランキング

■νガンダム全身像

νガンダム12 νガンダム01
改修       素組み
全体のシルエットはこんな感じになりました。
もともとが良いキットなので、各部の面出し等シャープにするだけでキットの出来も引き立ちます。

さて、武器類の製作に入ります。
ファンネル多いなあ。

ゴッグでもいじりながら一枚一枚、処理するかな。

ブログランキング

■ゴッグ製作中

ゴッグです。
νガンダムの合間にいじってました。
ゴッグ06
まだまだ大雑把ですが、主な改修箇所は上半身。
頭部は、頭頂部を裏打ちして削りこみ低く。
胸部は接着面で2ミリ幅増し、さらに前面をパテでボリュームアップ。
肩も胴体にあわせてクサビ状に幅増し。

ゴッグ02
脚底は肉抜き穴を埋めてます。


さて、胴体部には大きなスペースがあります。
そこで…
ゴッグ03 ゴッグ04
引き出し式の関節を作ってみました。
使用しているのは、グフで使用して余っていた旧ザクの肩関節。
ゴッグ05
こんな感じです。

旧ザクはウチでは、ザクⅡやグフに使われて大活躍ですねえ。
いつかしっかり作ってやるからなぁ。

ブログランキング

※コメントの禁止キーワードに間違った設定をしてしまっていた為、ほとんどコメントが書けなくなっていたようです。
禁止キーワードが含まれています。って出た方、すいませんでした。
m(_ _)m

■νガンダム頭部

さて、頭部です。
νガンダム10 νガンダム11
クマドリ部や頬のラインをしっかりと掘り込んで、各モールドをシャープ化。
薬莢の排出部も掘り込んで再現してみました。

ツインアイは、アレックスの時に使用した蛍光テープを使う予定なので、削り落としてます。

ブログランキング

■νガンダム腕部

νガンダム腕部です。

肩部
νガンダム08
1.5ミリほど幅つめして、小型化。
上面の合わせ目モールドは埋めます。
サイドのダクトはフチ薄化、掘り込みで別パーツ感を強調。

腕部
νガンダム09
肩部と同様、下腕の合わせ目モールドを埋めます。
手首カバーはくりぬいて、丸ノズルを使用。
サイドの丸モールドは開口してます。

肩は大きい気がするンです。

ブログランキング

■νガンダム上半身

νガンダムの上半身いきます。
νガンダム06 νガンダム07
基本工作です。


で終わらせるのもアレなので、基本的なことを自分に言い聞かせながら詳しく。

とりあえず各面は、エッジを意識しながら当て木をしたペーパーでしっかりと平面を出します。
僕は、#180→#400と当てます。#180のヤスリ跡はなかなか消えませんが、この後のサフからの処理で消します。
削りすぎてしまいそうな場所には#180はさすがに使いませんが。

別パーツに見せたい所や、逆エッジの部分はケガキ針やデザインナイフで掘り込んでディティールをはっきりとさせます。スミ入れもしっかり流れます。
この胴部の場合は、左胸のセンサー、中央コクピットブロック、ウエストでしょうか。

後は、ダクトをフチ薄化します。デザインナイフ、#180ペーパー等でフチを薄く見せます。
MSの装甲が薄いってどうなの?って気もしますが、オモチャっぽさがなくなり、精度がグッとあがります。なによりカッコイイ気がする。

他は、肉抜き穴を埋めたり、スジボリがあれば彫りなおしたりと、まあこんなところでしょか。


あっ、首周りは市販パーツを加工して、可動に影響のないように貼り付けてます。

ブログランキング

■νガンダム腰部

νガンダムの腰部です。
νガンダム04
各部のダクトを掘り込み、バンダイエッジの処理、先鋭化と、とりあえず基本工作がメイン。

リアアーマー
νガンダム05
S字立ちの際に干渉するので、分割してポリキャップを仕込んで可動化。


とかやってるうちに年が明けてしまいました。
今年もよろしくお願いいたします。

ブログランキング

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索