■2008年09月

■リンク追加

fukafukaさんとリンクさせていただきました。
Blue.g blog
オークションにも出品されてるモデラーさんです。

ブログランキング

■ハンドミサイルユニット

忘れてました、ハンドミサイルユニット。
ハイゴッグ10
パーツ分割をパネルラインに変更。
先端に丸モールドを追加。

これでようやく全パーツの処理が終了しました。たぶん。
サフに入ります。

ブログランキング

■表面処理ほぼ完了

ケンプファーとハイゴッグの表面処理がほぼ完了しました。
ケンプファー16ハイゴッグ09
この後、パーツ洗浄して再びサフを吹いて、問題ないなら塗装に入ります。

さすがに二体分のパーツは多い。

ブログランキング

■HGUC グフ

表面処理中は、パテの乾燥待ちでなかなか作業が進まないので、積んであるキットを仮組み。
グフ01
HGUC グフです。

プロポーションは、カトキ氏の設定画に非常に似ていてかなりカッコイイです。
Ver.kaなら、このスタイルで良いのですが、ここは劇中の無骨なラルグフを目指します。

キットの出来は、HGUC初期のためか、可動範囲に難ありでしょうか。
手足はともかく、スカートが無可動なのが痛い。
やはり、旧ザクのパーツを移植するのが良いように思いますが、腰の動力パイプをどう処理したらいいか、悩みます。
腰の回転、スカートの可動と干渉しそうで。

とにかく、かなり好きなMSなので、なるべく可動、プロポーションともに納得できるものにしたいですね。

ブログランキング

■表面処理

とりあえず、全パーツの成型が終了したので、いったんサフを吹きました。
ケンプファー15
一次サフです。
いつものように、一度のサフで合格するパーツは少なく、表面処理⇔サフの繰り返しです。
パーティングラインもうまく消えてないですね。

さて、ハイゴッグもサフを吹ける状態です。


まだまだ完成には、時間がかかりますが、2体同時に完成になると思います。

ブログランキング

■武器その2

いっきに仕上げようとすると、絶対に雑になってしまうであろうチェーンマインです。
集中力との戦い?ですね。
ケンプファー12
さて、側面にはスジボリがあります。
彫りなおしてシャープにします。
ケンプファー13
こんな感じでエッチングノコを使用して、水平を出します。


そして…

ケンプファー14
「HiQparts」さんのメタルバーニア。今回使用してみます。
いやあ、その精度、質感、輝き、すばらしいですね。

いままで、使用してみたかったんですが、本体の精度がメタルパーツに負けてしまうのと、やはり価格でしょうか。
でも、価格に見合う価値はありますし、確実に完成度は上がると思います。
今後も使用していきたいですね。

それにしても、これは良いものだ。

ブログランキング

■ハイゴッグ下腕

えー、しばらくぶりですが、ハイゴッグの腕です。
ハイゴッグ07
横のパイプは削り取って、スプリング+モビルパイプに変更。
腕先のビーム基部は、ブラスパイプを使用。
親指?の基部は、合わせ目がくるので、分割方法を変更して強引に処理。
ハイゴッグ08
各モールドは彫りなおし&プラ板でシャープ化。

ペースをあげないと…

ブログランキング

■武器その1

ケンプファーの豊富な武器類。
まずは、バズーカです
ケンプファー10

ケンプファー11
後部の×モールドは処理しにくいので、削り取ってプラ板で作り直します。
前後の砲身部は、市販のバーニアを加工して使用してます。

最近は、合わせ目も目立たないようになってきましたが、目立たない位置よりも、処理しやすい位置にしてくれると、いいんですけどね。
まあ、目立たなくて、処理しやすければもっといいですが。

ブログランキング

■肩裏処理

結局、肩の裏はこうなりました。
ケンプファー09
はい、モールド入りプラ板でふさいだだけ。
いろいろ試しましたが、悩んだ挙句、結局こんな感じで落ち着きました。

なにげに、しんどいキットです。

ブログランキング

■ケンプファー頭部

ケンプファー頭部の内部。モノアイを可動化します。
ケンプファー07
キットのモノアイ部分をごっそり削り取り、ABSランナーで回転軸を作り、コトブキヤのモビルパイプと丸ノズルでモノアイを作成。
モノアイは定番のH・アイズを使います。

で、全身像。
ケンプファー08 ケンプファー01
ヒザしかイジってませんので、比較してもしょうがないんですが…

あーまだ、武器がたっぷりとある。

ブログランキング

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索