category: HGUC グフ  1/2

HGUC グフ

表面処理中は、パテの乾燥待ちでなかなか作業が進まないので、積んであるキットを仮組み。HGUC グフです。プロポーションは、カトキ氏の設定画に非常に似ていてかなりカッコイイです。Ver.kaなら、このスタイルで良いのですが、ここは劇中の無骨なラルグフを目指します。キットの出来は、HGUC初期のためか、可動範囲に難ありでしょうか。手足はともかく、スカートが無可動なのが痛い。やはり、旧ザクのパーツを移植するのが良いよ...

  •  1
  •  0

グフ脚部

しばらく空いてしまいましたが、グフの製作を開始します。毎度のことながら、脚部からです。 プロポーションは、まずモモの接着面にプラ板を貼り、くさび状に削り幅増し。上下に2ミリ延長。まだボリューム感がたりない気がしたので、左右にパテを盛りつけ、さらに幅増ししました。スネは、逆に上下に2ミリ幅つめ。パテでラインをならします。ヒザはプラ板を貼って尖らせます。後ろ側は、ヒザの可動範囲を拡大するため、モモ側とス...

  •  4
  •  0

グフ腰部

さて、グフの腰まわりです。キットは一体成型になっていて、可動しません。可動化します。キットのスカートをそれぞれ切り取り、基部パーツに接続していきます。基部の黒いパーツは旧ザクを使用してます。(芯にしかなってませんが) 可動方法はMGザクVer.2.0で驚かされた後方にスライドする方法をマネてます。前回のザクでも使用しました。こんな可動、考えもしませんでした。いいヒントをくれました。前スカートは、2重関節になっ...

  •  3
  •  0

グフ上半身

グフの上半身です。ご覧のとおり、旧ザクを使用してます。胸のパーツ(2ミリ延長)と、コクピットハッチをグフから移植。両胸の下部にプラ板を貼り、ラインをグフ風に変更してます。ウエストはパテでメタボに。やっぱり、肩関節は引き出し式が良いですね。...

  •  2
  •  0

グフ腕部

腕ですストレート組みです。手首カバーだけは、くり貫きバーニアパーツを使用してます。とりあえずこんだけ。スパイクアーマーの現状...

  •  0
  •  0

グフ全身像

スパイクアーマーにスパイクを付けます。前後のスパイクはアルミ製を、中央の曲がったスパイクはキットパーツを角度変更して使用。アーマー自体はくさび状に幅増ししてます。頭部口先を延長、幅増ししてボリュームアップ。モノアイはキットパーツを加工して可動化。いつものように丸モールドパーツとH・アイズです。動力パイプは、モビルパイプを使用したかったのですが、良い径がなかったので贅沢にアルミパイプです。全身比較 塗...

  •  2
  •  0

小物類

拳です。右手は旧ザクから、握り拳はいつものように指先だけをパテで作成。左手はキットを2つ使い、少し曲げた状態のものも作りました。シールド キット状態では小さすぎるので、大型化します。プラ板で上下左右に延長。腕への接続部はボールジョイントに変更してます。もっと大きくても良かったな。ヒートロッドは、モビルパイプを使用します。1個1個、簡易旋盤で整形します。1個の作業時間は、1分もかからないんですが、なにせ数...

  •  0
  •  0

動力パイプ

腰の動力パイプこれが、ぶち当たった壁です。ザクの場合は、背面のランドセルから腰につながっている為、腰の回転といっしょについていくんですが、グフのそれはランドセルから股間につながっています。しかもこのパイプには、表情がついてます。芯を通すとガッチリ固定されてしまい、まったく腰が可動しません。そこで… アルミ線の芯は赤丸の所までしか通しません。さらに、腰をひねった時にパイプが伸びるようにランドセル内にス...

  •  2
  •  0

サフ

いったんサフを吹きます。予想通り…キズだらけまあ、バランスチェックですので表面処理はこれからですが、やはり、頭部に動力パイプがないとイメージががらりと変わりますね。...

  •  0
  •  0

表面処理

表面処理がほぼ終了しました。動かして遊ぶ。実際には動力パイプが付くので、このポーズがとれるかわかりませんが…この後、パーツ洗浄して、本サフを吹いて、問題ないようなら塗装に入ります。問題…たぶんあります。...

  •  4
  •  0

What's New