■HGUC ガンキャノン量産型

■ガンキャノン量産型

ザク改は、パーツ待ちなので…
ポケ戦熱に火がついたので、ポケ戦祭りいきます。

HGUCもケンプファーが発売ということで、盛り上がってる感じでしょうか?
さて、そのケンプファーに一瞬で墜とされた、ガンキャノン量産型です。
ガンキャノン量産型01
登場も一瞬でしたが、そのやられっぷりは、結構印象に残っているんではないでしょうか?

仮組みしてみましたが、キットのほうは、かなり良いデキだと思います。
でも、量産型ってよりは、カスタム機って感じですね。

■ガンキャノン量産型、下半身

さて、ザクⅡ改の塗装中にも、チマチマいじってました。
ガンキャノン量産型です。

脚部。
ガンキャノン量産型02
フトモモは、少し貧弱な感じなので、接着面で1ミリ幅増し&2ミリ延長でボリュームアップ。
スネは1ミリ短縮。
横のスリットは、整形しにくいので削り取って整形後、プラ板で作製。

ガンキャノン量産型03
足首関節は、イエローサブマリンの関節技で2重化。

股間部
ガンキャノン量産型04 ガンキャノン量産型05
サイドアーマーは分割して独立可動化。
キット状態のほうが好きなのですが、踏ん張ったポーズが出来ないので、独立可動化します。
股間軸は前方へ移動してます。

そして、射撃時に、安定姿勢を取るためのスタビライズギア。
ガンキャノン量産型06
100円ショップで買ってきた、指示棒です。
切り取って差し替え式で使います。

こんな感じ。
ガンキャノン量産型07
どこに収納されてるんでしょうかコレ。

■ガンキャノン量産型、胸部

ガンキャノン量産型の上半身です。
ガンキャノン量産型08
ウエスト部は、上部と下部に0.5ミリのプラ板を貼って、計1ミリ延長。
それによって、コクピットハッチ部の上部に隙間ができるので、ここにも0.5ミリのプラ板を貼ります。
胸の黄色いダクトは、小さく見えるので、フチをなくしてます。

首周り&キャノン砲周りは、適度にプラ板でディティールアップ。
首周りのディティールは、MGガンキャノンを参考にしてます。


バックパック部。
ガンキャノン量産型09
ブチ穴は、開口。
バーニア周りは、いったん、くり貫いてうすうす化。
内部には、丸ノズルとエッチングパーツを使い、二重構造にしてみました。

この辺をカッコ良く見せる、センスが欲しい。

■ガンキャノン量産型、全身比較。

腕部です。
ガンキャノン量産型10
肩のブチ穴は開口。胴への接続方法は変更して後ハメ化。
拳はいつものようにパテで。

キャノン砲。
ガンキャノン量産型11
伸縮部は、絶対に塗装がハゲるので、アルミパイプに変更して、塗装しません。

頭部。
ガンキャノン量産型12
ゴーグル部は、キットパーツを一回り小さく削り、透明プラ板(瞬着等のパッケージ品)をヒートプレス。
内部も、小さく削ったキットパーツにディティールします。ココもMGガンキャノンを参考にしてます。
アンテナは真鍮線に変更。


組み上げて比較。
ガンキャノン量産型01 ガンキャノン量産型13
うーん、サフらないとわかりづらい。


ブログランキング

■すてサフ

サフを吹きました。
ガンキャノン量産型14
やはり、改修をした箇所を中心に、キズや面のゆがみが目立ちます。
整面⇔サフ 繰り返しです。

その合間に、ハイゴッグをいじります。

ブログランキング

■基本塗装終了

基本塗装が終了。
ガンキャノン量産型16
後は、スミいれ、微調整等です。

明日には、出来るかな。

ブログランキング

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】