■HG Gセルフ

■元気のGだ

「Gのレコンギスタ」から、主役機Gセルフです。

Gセルフ01

仮組みしてみました。
プロポーションのチェック、改修プランや塗装工程など、この仮組みで考えていきます。

いいですねGレコ。

■脚部

いつものように、脚部から作っていきます。

Gセルフ02

少しわかりづらいですが、画像の左側(Gセルフの右足)、が改修したものです。

フトモモ部
Gセルフ03
接続部に1ミリプラ板を2枚かまして、2ミリ延長しました。
フトモモ上部にも、1ミリプラ板を貼って関節部を隠してます。
Gセルフ04
ピンボケですが…


Gセルフ05
フクラハギ側面に付くユニットは、クリアパーツ部を後ハメ化しましたが、ここはすなおにマスキングしたほうが良かったかもしれません。

足裏
Gセルフ06
肉抜き穴をパテで埋めて、それっぽくモールドを彫り込みました。
中央のバーニアは、開口して別パーツを入れます。

あとは、スジボリやモールドを深く掘りなおしたりの基本工作です。
しっかりしてるモールドでも、サフ→塗装としているうちに、甘くなってくるので、しっかり書き直してます。

■Gセルフ 胴体部

さて、胴体部の加工です。
Gセルフ07
といっても、基本的にストレートです。
腰アーマーのダクトや胸部ダクト、ビームサーベル収納部など、各部モールドの掘込み、シャープ化がメイン。

Gセルフ07b
胸部ダクトは、切り取ってプラ板でシャープ化
ビームサーベル収納部は削り込んだ後、下部にプラ板を貼ってフチ薄化。

ココのフチ薄化は効果大です。

■Gセルフ 腕部

腕部の制作です。

肩部
Gセルフ08
少し大きい感じがしたので、接着面で1ミリ幅つめしました。
画像の右パーツが、幅つめしたもの。
写真はありませんが、上腕が幅つめによって少し干渉するので、プラの肉厚分削って接触しないようにしてます。

ダクト部分も彫り込んでディテールアップしてます。
Gセルフ09

他は、ディテールが甘い部分を彫り込んでます。
Gセルフ10
合わせ目が出ないように1パーツにしてますが、それによって抜きの関係でディテールがあまくなってますね。
合わせ目を消すほうが楽なんですけどね。

■Gセルフ 全体比較

あまり進んでませんが、現在の状態です。
Gセルフ14
とりあえず、Gセルフ「本体」はこんな感じです。

頭部
Gセルフ12
マスク部を切りはなして、後ハメ化。
首は、前後を逆にセットして、頭部の位置を後ろにずらします。
Gセルフ11
バルカンは開口。ツノは先鋭化します。

で、ひたすらコブシを作ってます。
Gセルフ13
平手は、ビルダーズパーツからです。形状が違うので加工しますがまだ途中です。
サーベル握り手は、パテからの削り出し。コブシもキットパーツを芯にして、パテで作成。

ここで、時間をとられます。

角度が違いますが、素組みとの比較です。
Gセルフ15
幼児体型と言われてますが、劇中を見てるとそうは感じないので、こんな感じになってます。

■Gセルフ シールド

キットに付属のアメリア製シールド。
Gセルフ16
Gセルフ17
少し小さい気がするので、5ミリほど延長して、大型化しました。

大気圏用バックパックはウイングのフチ薄化、各部のシャープ化がメインでほぼストレート。
Gセルフ18
物語もいよいよクライマックスですが、本編終了までの完成は無理そうだなあ。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索