■HGUC ドム

■塗装の合間に

さて、∀は塗装中です。

その合間に、気分転換を兼ねてHGUCのドムを仮組み。
ドム01
連邦系が続いたのでモノアイを作りたくなってきました。

うん、やっぱりHGUCはサクっと組めていいですね。

しかもこのドム、組みやすさといいプロポーションといい、かなり良いデキ。
昔からドムは良いデキだった記憶がありますが、手を加える所はないってほどだと思います。

基本に立ち返るつもりで製作していきます。



そのまえに、∀ガンダムですけど。

■製作開始

ご無沙汰でした。^^

さてさて、ドムの製作を開始します。
いつものように、脚部からです。
ドム02
といっても、
いじる所のない良キットなので、加工しているのは、ヒザ関節の後ハメ化ぐらい。

丸モールドを切り取ってるんですが、うまく切り取れなかったので、削れた所をプラ板で補正しているところです。

あとは、エッジ出しや、モールドの彫り直し等の基本工作ですね。

■ペーパー掛け

本体パーツのペーパー掛けが終了しました。
ドム03
モールドの彫り直しや、エッジ立て、基本工作です。
やはりすべての基本は、ペーパー掛けですね。


暗闇で、狂四朗がひたすらヤスリを掛けさせられたのも、今ならわかります。



少し、腰アーマー裏が気になるのでパテで埋めようかな。
見えにくいところですが、けっこうドムは、そこに目がいきますね。

■アーマー裏

ドムの腰アーマー裏。
ドム04
重MSなので、ここが薄っぺらいと迫力不足なんで、装甲の厚みの統一も兼ねてパテで塞ぎました。
とくに、アーマーの前後で厚みが不均一で、けっこう気になります。

あまり見えないところなら、そのままなんですが、スカート付き系MSの腰アーマー裏は、かなり見えてしまいます。
ディテールは、センスないんでキットを参考にあっさりと。

■サフ前

モノアイは市販パーツに変更
ドム05
定番のHアイズを使用します。

ドムの見せ場でもあるバーニア部
ドム06
切り取ってメタルパーツに換装します。

拳パーツ
ドム07
左握り拳は、キットパーツをベースにパテで作成。
オルテガハンマーは、トリプルドムから。

ひとまず、サフ手前まで完成。
ドム08
次、パーツ洗浄です。

■一次サフ

一次サフを吹きました。
ドム09
すてサフですね。

ここでの目的は、
・色を均一にして、全体の形状を把握しやすくする、プロポーションチェック。
・可動箇所が干渉しないか、塗膜はがれのチェック。
・キズチェック。


それぞれを、表面処理しながら調整していきます。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索