■MG ∀ガンダム

■No.100

記念すべきMGの100番目。
∀ガンダム01
∀ガンダムです。
次はコレを作ります。


実は∀ガンダム、大好きなんです。
まあ、最初見たときはさすがに、えーって思いましたが、動いている姿や、じっくり眺めると見えてくるデザインに虜になりました。
ストーリーもいいですし。

キットのほうは、まだ仮組みし始めなので、なんともいえませんがプロポーションやギミック等、問題はなさそうです。
ストレートにサクっといければいいかなあ。
と思うんですが、ひとつ気になる所があります。

それが、ビームライフルのマウント方法。
キットは背中に垂直にマウントしてますが、劇中では、腰に水平にマウントしてます。
ここはチョットなんとかしたいところです。



うーん、HGでも出ないかなあ。

■仮組み、下半身

下半身の仮組みです。
ターンAガンダム01
僕は、だいたい脚部から作業していきます。
立たせながら組めるので、バランスが見やすいからなんですが、おいしいところは最後にとっておくタイプなんで、頭部がいちばん最後になります。
画竜点睛ですね。


で、組んでいて気付いた点なんですが、
ターンAガンダム02
スネとヒザに合わせ目がきてます。
スネはうまくエッジ部分にきてますが、合いが悪いので、きれいなラインになってません。
ヒザは…問題外ですね。

どっちも後ハメは難しそうなんで、どうしようか悩みどころです。

■仮組み、出来ない?

遅くなりましたが、上半身の仮組みです。

胸部
ターンAガンダム04
胸部のマルチパーパスサイロのハッチですが、組んでしまうとはずすのが怖いので、組んでません。
背中のハッチも同様に、組んでません。
しっかりペーパーがけをしてからのほうが、よさようです。


腕部
ターンAガンダム05
ここも、肘関節を組んでしまうとはずすのが困難そうなので、はめてません。
肩もそうです。


頭部
ターンAガンダム06
おヒゲのあるホワイトドール。
いいですね。

とりあえず、仮組みはこれで終了。

全体像は、完成写真で判断。
仮組み時に気になったのは頭部が少し、目の形状と口とおヒゲ。
他はとくに形状は問題なさそうなので、ストレートに組めればいいかなあ。



うーん、ABSパーツの処理に悩む。

■後ハメ

さて、本格的に製作を開始していきます。


まずは脚部から、スネの後ハメ化からいきます。
ここ、うまく分割されてますが、やはり接着してきれいにラインを揃えたいところです。
ターンAガンダム06
というわけで、外装パーツを接着して合わせ目を処理。

内部フレームパーツの外側パーツ(ややこしい^^)のダボ受けを切り欠きます。
ターンAガンダム07

付けたところ
ターンAガンダム08
で、これを…

ターンAガンダム09 → ターンAガンダム10
パチンと


同様に、フクラハギの部分も
ターンAガンダム11
ダボ受けを切り欠いて…
ターンAガンダム12
パチンと


さて、ヒザをどうするか。
ここは、マスキングしかないかなあ。

■後ハメ断念

えー、ヒザの後ハメ化ですが…
ターンAガンダム13
接着してしまいました。
ま、ここは色も白一色なので、マスキングの必要もないし、思い切って接着しました。
ただ、ヤスリがあてづらいので、苦労します。

ターンAガンダム14
一応、ヒザの赤いモールドは切り取って後ハメします。

ここは、完成写真も合わせ目を消してなく、そのままですね。

■腰

続いて、腰部の製作です。

といっても、特に手を加えることもありません。
ただ、ビームライフルを腰にマウントさせたいので、磁石を仕込みました。
ターンAガンダム15
これで、うまく支えられるかわかりませんが、ここは劇中通りに再現させたいポイントです。

プロフィール

エス・ケー

Author:エス・ケー
プラモ狂四郎ドハマり世代
主に1/144を中心にしたガンプラ制作日記
ガンプラ以外も作ります。

ギャラリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】