category: HGUC ザクⅡ  1/2

ザク始めました。

えー、HGUCザク製作します。ベースは、後発の旧ザクです。参考はコレ、モデグラで、早速足から足首 甲のパーツを幅つめ後、間接部分に接続。可動に追従させます。膝関節は切り欠いて後ハメ化。ヒザパーツを接続します。旧ザクの裾の切り欠きは、プラ板と瞬間接着パテで埋めます。膝関節は可動を優先。削り取ります。こんなかんじ股関節は、ロール式に変更。使用しているのは、陸戦型ガンダムの肩関節。...

  •  2
  •  0

胴体部

No image

さて、胴体部です。旧ザクにザクのパーツを移植していきます。腰スカートはMG Ver.2.0みたく、後ろにスライドするカタチにしてみました。内部が丸見えなので、適当にモールドします。(センスなしですね)上半身との接続はボールジョイントに。フンドシ部の前面にプラ板を貼り、ボリュームアップ動力パイプ基部は、ウエストパーツに接着。中央のリングは、屈伸した時の隙間隠し。フロントスカート、左右独立可動にしたほうがいいかな...

  •  0
  •  0

シールド

No image

ザクのシールドって、デカいイメージあるんで、でっかくしてみました。両側を5ミリ、計10ミリ幅増し。5ミリ角棒を、使ってます。裏側もキットを参考に、0.3ミリプラ板でモールドを作り直してます。デカすぎ?...

  •  0
  •  0

スパイクアーマー

No image

えと、左肩のスパイクアーマーです。ザク系においての定番工作、スパイクの先鋭化、そして中から出ているようにスパイク付け根をスジボリ、フチのうすうす攻撃。で、裏側。フチの裏は、細切りプラ板を貼り付け。そして、どうしようか悩んだ肩との接続受け。見えない位置にボールジョイントを仕込もうかと思いましたが、可動を考えてキットの接続方式に。ポリキャップと基部が丸見えなので、ディティールアップ。ポリキャップには、...

  •  0
  •  0

ザク腕

No image

上腕部です。ABS製の間接の後ハメ化。フレームパーツに3ミリ径の穴を開け、肩側に同径のABSランナーを固定します。下腕部との接続はごらんのとおり。塗装後に接着します。下腕部肘パーツをザクから移植。肘の÷モールドは埋めました。手首カバーはHGUC定番、コトブキヤ製「丸ノズル」。なかなかペースが上がらない…...

  •  0
  •  0

ザク頭

頭部です。モノアイの支柱を取っ払い、プラ板にて少し前方へ移動しました。動力パイプは、コトブキヤ製の「モビルパイプ」に変更する予定なので、基部にスプリング受けを設けます。こちらはWAVE製「U・バーニアフラット」。内部ベースは旧ザクです。ポリキャップ、プラパイプで、モノアイの回転軸を作ります。あとは周囲を、それらしくディティールアップ。頭部は、上からかぶせるカタチになります。全身を組み立てて、バランスチェッ...

  •  0
  •  0

動力パイプが付くと

手首はキットの出来がいいので、左の握り手と、右のヒートホーク用の握り手をパテで作製。指部分だけですね。サイドスカート裏にモールドをいれます。スライド式にしたので、裏も見えてしまいます。肩関節を1ミリ上に。チョット肩が低いかなと思ってたんですが、強度面からそのままにしていたんです。ヤッパリ上げます。軸だけ切ると絶対に強度不足なので、こんなかんじで切断して、再接着。その後、整形します。で、全身パイプが...

  •  0
  •  0

お手軽ディティールアップ

ザクバズーカの後部です。市販パーツでディティールアップ。お手軽ですが、立体感が増すので効果は高いです。本体は、微調整しつつ表面処理に入ります。...

  •  0
  •  0

パーツ洗浄中

ザクは表面処理がほぼ終了。そして…パーツ洗浄。削りカスを取り、表面の油分を洗い流します。サフ前には洗浄機にかけてます。いつも、だいたいの流れとしては、ペーパーの#180→#400→洗浄→サフ→#800→洗浄→サフこんな感じ。さて、この後サフを吹いて問題なければ、塗装に入ります。だいたい、問題あるんですけど…。...

  •  0
  •  0

サフ吹き

2度目のサフ。やはり、キズがあるので再び表面処理へ。納得いくまで、繰り返しです。...

  •  0
  •  0

What's New